この度の令和6年能登半島地震により被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興そして被災された皆様の生活が1日も早く平穏に復することをお祈り申し上げます。

今回は、運転中に地震がきた時の対処法についてお話ししたいと思います。
地震は日本にとって身近な自然災害ですが、運転中に起こると大きな危険に直面します。
運転中に地震に遭遇した場合の正しい対処法を知っておくことで、事故や災害の被害を最小限に抑えることができます。

運転中に地震が起きたら取るべき行動

配送時間とスケジュールのプレッシャー

運転中に地震が起きたら、以下のような行動をとりましょう。

急ハンドルや急ブレーキを避ける

ハザードランプを点灯させながら徐行し、周りの車に注意を促しましょう。

周囲の状況を確認

道路の左側に停車させ、、エンジンを止めて揺れが収まるまで車内で待機しましょう。
揺れが収まったら、カーラジオやスマホで地震情報や交通情報を聞き、その情報や周囲の状況に応じて行動しましょう。

車を置いて避難するとき

できるだけ道路外の場所に移動しておきましょう。
やむを得ず道路上に置いて避難するときは、道路の左側に寄せて駐車し、エンジンを止め、エンジンキーは付けたままとするか運転席などの車内の分かりやすい場所に置きましょう。
窓を閉め、ドアはロックはしません。

以上、運転中に地震がきた時の対処法についてお話ししました。
地震はいつどこで起こるかわかりません。
慌てず、情報をきちんと聞き、行動しましょう。


株式会社H&T トランスポート
〒455-0074 愛知県名古屋市港区正保町2-8-3
TEL:080-2632-2002 FAX:052-383-8754